薦田典佳 | できるビジネスマンの話し方・できない人の話し方

話し方が上手なだけで、仕事ができそうと評価されることがあります。

つまり話し方というのも、相手に対するアピールの手段の一つと捉えることができます。

頭が良さそうに聞こえる話し方と、仕事が出来なさそうに見える話し方にはそれぞれ特徴があるのです。

魅力的な会話のコツを学ぶことで、対外的に自分の能力をアピールすることが可能です。

相手のニーズを理解せずに喋るのは二流

会話能力が低い人にみられがちな特徴として、相手の興味について度外視して自分の話すことにしか意識を向けていないことです。

会話において、相手のニーズに沿わない会話はただの独り言です。

コミュニケーションに全くなっていないことを知りましょう。

的外れな自己アピールもNG要素につながる

続いて、相手のニーズを踏まえた上で相手のニーズに刺さったアピールをすべきなのが一流です。

例えば営業トークをするとき、マンション購買に興味があるユーザーに対して、ハイブランドの車の営業トークをしても意味がありません。

相手のニーズを踏まえ、相手が求める商品、サービスにはまった営業トークのストーリーを組み立てなくてはいけません。

どんなに会話テクニックや会話理論の手法に則って「頭が良さそう」に会話をしても、話の内容や相手へのアピールが、相手の興味を引くもの、相手のニーズに合致していないと意味がないのです。

魅力的な会話をするコツ

それでは実際どのような会話が魅力的な自己アピールになるのでしょうか?

その最大の秘訣は「相手に興味をもつ」というこれだけです。

相手に興味がないまま会話をしても、自分の言いたいこと、伝えたいことを一方的にスピーチしておわります。

ですが相手に興味をもって会話をすると、常に相手の表情や態度をみながら今の話題が相手にとって興味を引くものか確認しながら話ができます。

また自分自身が相手に興味があるので、相手からたくさんの情報を引き出そうとします。

信頼関係を構築するためには、相手に興味をもち、相手の話を傾聴するスタンスが最も適していると言われています。

つまり会話で相手から「魅力的な会話をする人だ」と思われるためには、傾聴力と相手への興味、この2つを持つことが最大のコツといえるでしょう。