薦田典佳 | 日本も謙虚な人は損をする時代に

仕事で実績をしても周囲にそれをアピールしない人がいます。

このような日本人らしい奥ゆかしいふるまいは、一見して静謐でとても素晴らしい人格者のように日本人は評価します。

「あの人はあまり自分を全面にださないけど、しっかりやってくれる」

「素晴らしい」

と、ひと昔前であれば人格者として評価してくれたことでしょう。

しかしながら、今の時代自分の成果を周りにアピールしない「おくゆかしさ」というのは、実は損をする確率が高くなっています。

その理由をご説明します。

日本で働く外国人労働者の増加

日本の会社でも今やどんどん外国人の社員が増えてきています。

大手の企業から、中小企業まで、海外出身の社員が一人もいないというような環境は今後もっと減っていくと思われます。

そうすると何が起こるかというと、声の大きい自己アピールが上手で行動的な外国人社員よりも、「おくゆかしい」日本人はアピールベタのせいで損をするようになっていきます。

諸外国の出身の方は、まず日本人よりも自己肯定感が強いです。

そのため日本人としては「このぐらいできて当たり前ですよ」と謙遜するような業務上の能力でも「私だからこそこの仕事ができたんだ!」と自信をもってアピールします。

そして「私はこのぐらい会社に貢献しているのだから、今の給料では見合わない!もっと評価をしてくれ」と直接上司に不満があればぶつけていきます。

それを日本人が「あのくらい誰にでもできるのに何自慢してんだか」と、しらーっとした目で見ていたとします。

ですが上司は自己アピールをしっかりしてくる外国人社員に対して評価を出し、そしてアピールした外国人ばかりが待遇が改善されていく事になるのです。

つまり、自己アピールをする事が「恥」だとか「あんなの私でもできるし」なんて言っている間に、貴方の給料は一行にあがらないことになるのです。

貴方の待遇は一切変わらないまま、声に出して行動をする外国人の待遇は改善されてしまうのです。

だからこそ、自己アピールというのは必要な能力になっていきます。
自己アピールしないことが「美徳」というのは日本人ならではの感覚であり、そしてその感覚のままビジネスの世界で国際社会に突入すると損しかしません。

自分の「このくらい誰にでもできるし」「この程度の仕事なら他にできる人も居るから」だからわざわざアピールできない、恥ずかしい。そんな考えは意味がありません。

貴方ができる仕事は、出来ない人もできるのです。日本語が読めない、計算ができない、日本人的和をもって良しとするコミュニケーションがとれない、そんな人が貴方のポジションに収まっても同じように衝突無く仕事ができると思いますか?

答えはNOです。

だからあなたは今の「誰にでもできる仕事」に対して、もっと自分の能力を信じて大げさなほどアピールしても問題ないのです。